スポンサーリンク

ベーシックインカムはいつ日本で制度導入されるか【対策】

ベーシックインカム マネタイズ

    

あかちゃん
あかちゃん

コロナショックをきっかけにいち早くスペインでベーシックインカムが導入のニュース

スペインで「ベーシック・インカム」導入、経済大臣が宣言
新型コロナウイルスの感染者数が世界2位に達したスペインは、経済の立て直しに向け、可能な限り迅速に「ユニバーサル・ベーシック・インカム(最低所得保障制度)」制度を導入することを決定した。4月5日、経済大臣のナディア・カルビニョが発表した新たな

新型コロナウイルスの感染者数が世界2位に達したスペインではロックダウンの開始から3週間で90万人が失業し、3月の失業者数は過去最大

 

最低所得保障制度とも表現されている
”ベーシックインカム”

 

今後、日本でも目にすることが増えるこの仕組みについて解説と対策を記事にしています。

 

ベーシックインカムとは?

国民最低限度の生活を保障するため、国民一人一人に現金を給付するという政策構想。生存権保証のための現金給付政策は、生活保護や失業保険の一部扶助、医療扶助、子育て養育給付などのかたちですでに多くの国で実施されているが、ベーシックインカムでは、これら個別対策的な保証を一元化して、包括的な国民生活の最低限度の収入(ベーシック・インカム)を補償することを目的とする。従来の「選択と集中」を廃止し、「公平無差別な定期給付」に変更するため、年金雇用保険生活保護などの個別対策的な社会保障政策は、大幅縮小または全廃することが前

引用元:Wikipedia

   

全ての者の最低限の生活が保証されるベーシックインカム。

夢物語ではなく、多くの国で導入に向けた検討がされ、大学の講義等でも多数取り上げられています。

 

例えばフィンランドでは、ベーシックインカムの効果を検証するために、2000人に支給して効果検証する大規模な実証実験が行われ、一定の効果があることが確認されています。

   

日本でも、ベーシックインカム制度の導入について政党の公約になるなど、将来的な導入は今後検討されるかもしれませんが、やはり財源の問題など、実際の導入にあたっては大きな課題があるでしょう。

 

あかちゃん
あかちゃん

制度が導入されるかどうか受身で待っているだけの人が最も損をするので対策が必要なので記事にしました

    

なぜなら、仮にベーシックインカムが日本に導入されれば、仕事への価値観は間違いなく変化するはず。

 

全く仕事をしなくてよくなるわけではないので、個人の収入を得るスキル等がより格差につながるのでは?と考えています

 

ベーシックインカムでいくら貰えるのか?

ベーシックインカムの画像

 

実際にベーシックインカムの実験を2017年から続けているフィンランドで支給している額は
月に約74,000円

 

仕事を辞めて人生を謳歌という金額ではありませんが収入アップという面で年間90万近くあるのは嬉しい話ですよね。

 

ベーシックインカムのメリット

  • 最低限の生活保障
  • 行政・公務員コスト削減
  • 労働環境改善・起業促進

年金貰えないかもだし払いたくない。ベーシックインカム賛成。

以上のような年金制度への不信感もあり、働き盛りの若い世代には受け入れられやすいと考えています。

 

なぜなら、ベーシックインカムというお金のセーフティネットがあることで、仕事観は変わります。

  

ブラック企業で働く必要がなくなる・自分で起業する挑戦ができる若い世代の方には非常にメリットが多い。

 

ベーシックインカムで全国民一律で保障が受けられるので煩わしい役所の手続きもAIで簡易化され、人の手は必要なくなるでしょう。

 

しかし、デメリットももちろんあります。

ベーシックインカムデメリット

  • 社会保障の予算縮小
  • 消費税を大幅増税
  • 所得税を大幅増税
  • 年金制度を廃止

ベーシックインカム実施のための以上のような財源確保が必要となるため、国民投票が大きく左右することになるはずです。

 

となると、先ほど若者にメリットが多いと記載しましたが、日本は高齢者比率が高く、若者の投票率も低いため実現するための課題は非常に多いのが現実です。

 

なぜなら、私を含め40代50代以上の年齢で新しくチャレンジすることは非常に敷居が高い。

 

また、専門的なスキルやネットの知識などに非常に弱いのもこの世代です。

 

収入を得にくくなる、デメリットが多いことを高齢者はよくわかっているので賛成したくないと考えるはずなのです。

  

ベーシックインカム時代での収入対策

スキルアップの画像

収入の方法にはフロー収入とストック収入があります。

会社員やアルバイトなど労働力の対価が収入になるのがフロー収入。

    

あかちゃん
あかちゃん

自分が働いている時間だけ収入が発生する。これらは仕事を辞めたら次の日から収入がない

 

一方、ストック収入は自営業で事業の多角化や、不動産、ネット、株の配当など自分自身が労働をしなくても収入が得られる手段。

 

あかちゃん
あかちゃん

私は2019年から活動を始め事業、ネット、株の配当からストック収入を得ています。いわゆるセミリタイアに近い状態です。

 

ストック収入の中でも特に”ブログ”をオススメします。

》中高生もネット事業で稼ぐ時代!の記事

 

なぜなら、ブログは人生経験を記事にし、サイトにつけている広告から収入をもらいます。

人生経験が多い年齢を重ねた40代50代のほうが若者より有利なんです。

 

初めはパソコンを覚えるのに数か月かかるかもしれませんが、キーボードで文字打ちができなかった私でも収入を得るレベルです。

ぜひ一緒にブログを始めて行きましょう。

 

ベーシックインカム時代にオススメのストック収入

 

あかちゃん
あかちゃん

早く即金で1万稼ぎたいんだ!
そういう方には”せどり”をオススメ

》せどりの記事を読む

 

あかちゃん
あかちゃん

今のうちに固定費を下げてできるだけ楽に働きたいんだ!という方にはスマホの節約をオススメ

》楽天モバイルの記事を読む

 

あかちゃん
あかちゃん

年金や銀行の預金は当てにならないから投資運用を始めてみたい!という方にはつみたてNISAをオススメ

》楽天証券開設記事を読む

 

新時代が来る前に無駄な固定費の見直しやストック収入の流れを作り生活を豊かにすることができれば、ベーシックインカムが実現した時は確実に人生を謳歌できるはずです。

 

私のサイトから学びがあると嬉しいです。

 

俺の遺言でした。